環境目標とパフォーマンス実績

  1. HOME
  2. 環境への取組み
  3. 環境目標とパフォーマンス実績

本投資法人では、ポートフォリオ全体においてエネルギー消費量、CO2排出量、水消費量の環境目標の設定とそれにおけるモニタリングを行い、環境パフォーマンス改善に努めています。

環境目標

エネルギー消費量

ポートフォリオ全体のエネルギー消費量(原単位ベース)を2024年度までに基準年度比5%削減

CO2排出量

ポートフォリオ全体のCO2排出量(原単位ベース)を2024年度までに基準年度比5%削減

水消費量

ポートフォリオ全体の水消費量を2024年度まで基準年度比の水準維持

  • 上記の目標設定における基準年度は2019年度。上記データを算出する際のポートフォリオ内カバー率は100%。

パフォーマンス実績

本投資法人は保有する不動産において、ESGへの取組みとして策定した中長期目標に合わせ、エネルギー消費量・CO2排出量・水消費量等の把握に努めています。

項目 削除目標
(中長期目標)
単位 実績
2019年度
(基準年度)
2020年度 増減率
エネルギー 原単位で
基準年度比5%削減
消費量(MWh) 114,466 107,902 -5.73%
消費原単位(MWh/㎡) 0.196 0.181 -7.65%
CO2 原単位で
基準年度比5%削減
排出量(t-CO2) 50,040 44,675 -10.72%
排出原単位(t-CO2/㎡) 0.085 0.075 -11.77%
現状維持 消費量(㎥) 431,914 313,046 -27.52%
消費原単位(㎥/㎡) 0.739 0.525 -28.96%
廃棄物 排出量(t) 4,878 3,991
リサイクル量(t) 2,868 2,401
リサイクル率(%) 58.80 60.16
  • 削減目標(中長期目標): 保有物件全体において以下の目標数値を設定
    【エネルギー・CO2】 5年間(2019年度【基準年度】~2024年度)で原単位で基準年度比5%削減
    【水】        5年間(2019年度【基準年度】~2024年度)で現状維持
  • 集計方法: 原単位は、各年度の各消費量・排出量を原単位分母(各ビルの保有期間に応じた延床面積(㎡)の合計)で除して計算。リサイクル率は、各年度の消費量をリサイクル量で除して計算
  • CO2排出量は、Scope1(都市ガス)、Scope2(電力、熱(蒸気・冷水・温水))の排出量を記載しています。テナント専用部における、テナントの活動によるエネルギー消費に由来するCO2排出量を含んだ数値です。

環境マネジメントシステム

省エネルギー、CO2排出削減、水資源の有効利用を推進するため、本投資法人において、環境マネジメントシステムを構築しています。エネルギー使用量、CO2排出量、水消費量を対象として、目標設定、実績把握、予実管理、対策実行(PDCAサイクル)を行い、環境負荷低減を通じた持続可能なサステナブルな社会実現への貢献に努めています。