グリーンファイナンス

  1. HOME
  2. グリーンファイナンス

本投資法人は、グリーンファイナンスを通じたESG投資機会を投資家に提供すべく、グリーンファイナンス・フレームワークを策定し、株式会社日本格付研究所(JCR)より最上位評価「Green1(F)」を取得しています。

グリーンファイナンス・フレームワーク

1.調達資金の使途

グリーンボンドまたはグリーンローンで調達された資金は、以下の適格クライテリアを満たすグリーンビルディングの取得資金、もしくは同資金のリファイナンスに充当します。

【適格クライテリア】

以下の第三者認証機関の認証のいずれかを取得済もしくは今後取得予定の物件

DBJ Green Building 認証 3つ星 ~ 5つ星
CASBEE 建築(新築) B+ランク ~ Sランク
BELS 認証 3つ星 ~ 5つ星
LEED 認証 Silverランク ~ Platinumランク

2.プロジェクトの評価・選定プロセス

本資産運用会社のアセットマネージャーの助言のもと、財務部が適格クライテリアへの適合を検討し、評価及び選定を行います。
対象のプロジェクトを資金使途としてグリーンファイナンスによる資金調達を行うことを本資産運用会社の「サステナビリティ推進委員会」で検討し、本資産運用会社のDOI投資委員会および取締役会での審議を経て、本投資法人の役員会にて承認します。

【プロジェクト選定プロセス】

プロジェクト選定プロセ

3.調達資金の管理

本投資法人は、グリーン適格資産の取得価格合計をグリーンボンド発行上限額とし、グリーンボンドの発行残高が存在する限り、グリーンボンドの発行残高がグリーン適格資産の取得価格合計を超過しないよう管理します。
また、本投資法人はグリーンボンドの発行残高が存在する限り、ポートフォリオ単位で充当済み資金を内部で追跡・管理します。グリーンボンドで調達した資金の全部または一部が直ちにグリーン適格資産に充当されない場合、本投資法人は、未充当資金を特定の上、グリーン適格資産に充当されるまでの間、調達資金の全部または一部を現金及び現金同等物にて管理します。

4.レポーティング

本投資法人は、グリーンボンドの発行残高が存在する限り、資金充当状況、グリーン適格資産の認証取得状況、環境性能指標等を年次で本投資法人のウェブサイト上に公表します。2021年5月31日現在のレポーティングは以下の通りです。

(資金充当状況レポーティング)

本投資法人は、グリーンボンドで調達された資金がグリーンボンドフレームワークに則ってグリーン適格資産に全額充当され、グリーンボンドの発行残高がグリーン適格資産の取得価格合計を超過していないことを確認しています。

グリーンボンド発行残高 3,900 百万円
グリーン適格資産の取得価格合計 286,073 百万円
発行総額
(百万円)
利率 発行年月日 償還期限 発行年限 充当状況
第7回無担保投資法人債 1,500 0.310% 2020年
9月11日
2025年
9月11日
5年 グリーン適格資産である
Daiwa晴海ビルの取得に
要した短期借入金の返済
資金の一部に全額充当済
(グリーンボンド)
第8回無担保投資法人債 2,400 0.600% 2020年
9月11日
2030年
9月11日
10年
(グリーンボンド)
合計 3,900

(インパクトレポーティング)

  • グリーン適格資産の認証取得状況
環境認証 グリーン適格資産
物件数 延床面積
CASBEE不動産評価認証 29件 260,801.22㎡
DBJ Green Building認証 2件 82,282.76㎡
LEED 1件 15,012.46㎡
ポートフォリオ合計 30件 301,093.10㎡
  • 同一物件で複数の環境認証を取得している場合、1物件として扱い、重複しないよう合計値を算出しています。
  • 区分所有建物は本投資法人の持分割合に基づく延床面積で計算しています。
  • グリーン適格資産に関する定量的指標
2020年度
エネルギー使用量 53,413MWh
CO2排出量 27,634t-CO2
水使用量 164,562m³
  • 本投資法人がエネルギー管理権限を有するグリーン適格資産の2020年4月~2021年3月のデータに基づき集計しています。